創甲斐建築設計社

CASBEE 建築環境総合性能評価システム

bn_casbee.gif
http://www.ibec.or.jp/CASBEE/

CASBEEとは

casbee_photo1.jpg

CASBEEは地球環境・周辺環境にいかに配慮しているか、ランニングコストに無駄がないか、利用者にとって快適か等の性能を客観的に評価・表示するシステムです。
下記の分野ごとに評価され、5段階にランク付けされます。これらの評価結果は、グラフやチャートで評価の内容が明記され、視覚的にも理解しやすいシートが作成されます。(評価結果例)

評価の分野
 環境品質・性能

  • 室内環境(音、温熱、光、空気)
  • サービス性能(機能性、耐用性、信頼性、対応性、更新性)
  • 室外環境(まちなみ・生態系の保全、配慮)

 環境負荷

  • エネルギー(自然エネルギー、効率化、保護)
  • 資源・マテリアル(リサイクル、使用回避)
  • 敷地外環境(地球・地域・周辺環境への配慮)

CASBEEの目的

casbee_earth.jpg

地球温暖化や環境破壊、資源・エネルギー問題が深刻化している現代において、建築の分野でもこれまで以上に環境への配慮が求められています。
CASBEEは「環境に配慮した建築物」の普及・促進を図ることで、日本全体の環境負荷を大きく削減することを目的としています。
省エネルギー・省資源・リサイクル性能といった環境負荷削減の側面はもとより、室内の快適性や景観への配慮など環境品質・性能の向上といった側面を持つことによって、より良い環境が整えられ、より長く活用され、日本全体の生活の質を向上させながら、地球にやさしいまちづくりが可能となります。

住宅設計におけるメリット

casbee_photo2.jpg

環境に配慮した建築物」は、同時に利用者にとっても様々なメリットがあると考えられます。

  • 省エネルギー
  • 耐震
  • バリアフリー・ユニバーサルデザイン
  • シックハウス対策

省エネ面では、暮らしの中から発生するエネルギー消費をカットでき、ランニングコストやライフサイクルコストが抑えられるようになります。
耐久性の高い構造であることで長く住み続けることが可能となり、設備や間取りといった内装部分は、将来住む人が変わっても変えやすくなり、ライフスタイルなどに合わせたリフォームも容易になります。
またユニバーサルデザインを採用すれば、幅広い人が快適に暮らせる安全・安心な住宅となるでしょう。
地球環境にやさしい住宅は、住む人にとってもやさしく暮らしやすい住宅になるのです。